コミミに会いに大遠征・・・そのⅠ
コミミズクに会うために土日を利用して大遠征をしてきました。
金曜日の夜中に出発しましたが途中で雪が舞い始め休憩に立ち寄った
パーキングではー5度、思わず身震いでした
現地に到着するも結構な風が吹き不安な気持ちになってきました

何でもコミミズクは風があるとでてきてくれないし飛ばないんだそうです
不安は的中しいつまで待ってもコミミの姿は見る事ができません
他のカメラマンさんたちと話をしながら風の止むのを待ちましたが
ピンポイント天気予報では夕方まで5~6mの風が吹くとの事で
中には諦めて帰る人たちも・・・・
私はと云えば時折強く吹く風によろけながらも我慢、また我慢・・
その結果は?

夕日が枯れ草を染める頃やっと見る事の出来たコミミズクは
枯れ草の中でジッとしているだけ・・・・教えていただかなければ解りませんでした
c0124055_1137788.jpg

風が弱まった瞬間に一瞬飛んでくれるも顔は見えず残念な一枚ですが
c0124055_11413049.jpg

夕日に染まるコミミズク
やっとコミミズクかな・と云う一枚が撮れました
ここまでにいったい何時間待ち続けたか・・・それはネひ・み・つ
c0124055_1146415.jpg

コミミを待つ間に遠くでチョウゲンボウがホバリングをしていました
c0124055_1147960.jpg

低空飛行のチョウゲンポウ
c0124055_11475235.jpg

Nikon D300 AF-S Nikkor ED 600mm F4D II(IF)

遠征一日目は風に泣かされ思うように行かずこのまま帰る気にもならず
天気予報を見ると翌日は風も1~2mほど・・・で翌日に賭ける事にしました。
さてさて日曜日はコミミさん飛んでくれるかな?

余談ですが・・
一緒に待っていた方の三脚が風にあおられ倒れてしまいました
見た目の被害は液晶画面の損傷、テレコンが駄目になったとか・
テレコンを付けていなかったらレンズが駄目になったいたかもとかで
いずれにしてもお気の毒でした。
風の強いと時には三脚の傍から離れないで手で押さえていなければと
よい教訓になりました。
by guranma2 | 2012-02-20 12:01 | 野鳥
<< コミミに会いに大遠征・・・そのⅡ ルリビタキ・・・続き >>