<   2011年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧
コスモス&ノビタキ・
韓国シリーズの途中ですがまたまたノビタキを挿ませてくださいね。

休耕田のコスモス畑がありそこにノビタキが来るんですが
中々思うような所には留ってくれません。

ノビタキ♀・・
c0124055_23144841.jpg

ノビタキ♂・・
c0124055_23361941.jpg

c0124055_23151268.jpg

c0124055_23155182.jpg

c0124055_23153298.jpg

c0124055_2316294.jpg

Nikon D300 AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)

ここのノビタキさん、近くには留ってくれませんでした。
週末もう一度と思うのですがコスモス祭り開催中と空模様が良くないようなので無理かな~。
by guranma2 | 2011-10-23 09:00 | 野鳥 | Comments(24)
 MISO(美笑)Ⅱ・・慶州
旅行2日目は慶州泊まりの夜はオプショナルツアーに参加・・
ソウルではすでに公演されているMiso、外国人観光客の間で大人気とか。
慶州ではソウルの歴史ある公演団体によりMisoⅡとして今年7月から公演されています。
新羅時代の背景をミュージカル仕立ての3部構成になっていて言葉は無いですが
音と光鮮やかな衣装が新羅の世界へと導いてくれました。

公演が行われるのはエキスポ公園内にある文化公演場・
ここから奥の灯りのある建物まで歩いて行くのですが途中から
何故か灯りもなく足元は暗闇の中でした。
c0124055_16274356.jpg

公演中の撮影は禁止されていますのでPUSANNAVIから画像をお借りしました。
第一幕・ミソ2-神の国の地・新羅・・
新羅建国と、始祖誕生について・・神の国の王の誕生を願う天神祭りなどについて・
c0124055_16281240.jpg

第二幕・神の国の花「花郎」・・
善徳女王とヨンチュンの愛、そのヨンチュンは戦場で敵の矢に射られて死んでしまいその事から善徳女王は三国統一を心に誓うまでを・
c0124055_16282126.jpg

第三幕・海東の光、新羅ロード・・
三国統一を成し遂げた新羅の華やかな文化や新しい国へと成長する過程を・
c0124055_16283086.jpg

公演終了後には団員が出口で観客を見送る際に一緒に記念写真を撮る事が出来るんですよ。
新羅時代の衣装をまとった姿をどうぞ・・
c0124055_16285666.jpg

向かって右側の方がすぐ横を通り舞台へ向かった時にとってもいい香りがしました。
c0124055_1629742.jpg

旅の楽しみの一つに食事がありますよね・
2日目の夕食は慶州の「貴下(キハ)」と云うお店でで韓定食を・
c0124055_16292032.jpg

大小さまざまな器に入ったおかずが20種類ほどテーブルに所狭しとならびました。
一部のおかずを撮ってきましたのでコラージュして見ました。
蟹の醤油漬け、肉とダイコンの煮たもの、ユッケ、チジミ、焼き魚など、
宮廷で食べられたものや庶民の食べ物等と云う事でしたがほとんどのおかずは唐辛子入りでした
c0124055_16293151.jpg

by guranma2 | 2011-10-22 19:14 | 旅行 | Comments(10)
雁雁鴨池(臨海殿跡)・・・慶州
新羅王朝の離宮跡の雁鴨池は、統一新羅時代の王族たちの宴会、貴賓の接待場所として
使われたり王子の住まいの東宮も建てられていた所です。

1975年の発掘調査の後に原型通り復元された現在の姿を180度パノラマで・
c0124055_19111071.jpg

夕暮れ時の雁鴨池・・
c0124055_1981871.jpg

c0124055_1993553.jpg

c0124055_198353.jpg

c0124055_1994964.jpg

c0124055_1984741.jpg

c0124055_1991746.jpg

パノラマ以外はNikon D300 AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)

ガイドさんの「ここは何もないから20分だけ時間を取ります」の言葉に
そんな時間では写真も撮れないじゃない・・
でも夜7時からのオプションツアーの前に夕食もとらなくてはいけないので仕方ないかな。
by guranma2 | 2011-10-21 22:00 | 旅行 | Comments(10)
慶州国立博物館・
新羅1000年の都、慶州にある慶州国立博物館は新羅の文化遺産を
一目出来るできます。。
先史時代から朝鮮時代に到る遺物21万点あまりを所蔵し、
その中の3000点余りが展示されています。

慶州国立博物館ではどんな感動が待っているでしょう?・
館内へ向かうお仲間たち・
c0124055_22221945.jpg

正面の建物は考古館(本館)で4つの部屋に分けられていて
それぞれの時代の遺物などが展示してありました
中でも天馬塚や皇南大塚から発掘された金冠は宝飾は「凄いね~!の言葉が・・
c0124055_22224023.jpg

正面気に囲まれた建物は雁鴨池館で離宮であった雁鴨池(臨海殿址)から出土した遺物を展示。
新羅宮廷生活に実生活用品や文字関連遺物などテーマ別に展示されています。
c0124055_22225462.jpg

野外に展示されている高山寺跡三層石塔・
塔のあった高山寺跡が徳洞ダムの建設によって水没地域になったため
1975年に国立慶州博物館に移されて屋外で展示されるように・
c0124055_22232586.jpg

野外展示の石仏・
向かって左は 石造仏頭で統一新羅(8世紀末-9世紀初)の物と見られ高さが153㎝
慶州南山鉄瓦谷にあったものが1959年に国立慶州博物館に移され展示されています
真ん中は石造観音菩薩立像 統一新羅時代(8世紀)の物で
初めは頭の部分が国立博物館に胴体部分は慶州市の狼山にあったものが
現在の形となって慶州国立博物館に展示されています・
右側が石造如来立像)・統一新羅(8世紀)の物で高さが250㎝あります・
c0124055_22234020.jpg

聖徳大王神鐘(別名エミレの鐘)・
別名エミレの鐘と云われるのは初めに作った時に音が響かなかったため
幼い女の子を人柱として作り直した所美しい音色を響かせその音が「エミレー、エミレー」と
叫ぶ子供の音のようだったという悲しい伝説があるそうです。
c0124055_2226021.jpg

c0124055_22261621.jpg

c0124055_2222153.jpg

Nikon D300 AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)

館内での撮影は禁止でしたが発掘され展示されていた多くの宝飾は今も輝き続けていました
by guranma2 | 2011-10-21 12:00 | 旅行 | Comments(4)
大陵苑(天馬塚)・・・慶州
鳥はお休みして旅写真の続きです・

慶州の皇南洞にある大陵苑は新羅時代初期の古墳群の中でもっとも規模が大きくて
およそ12万5,400坪の敷地に23基の古墳が保存されている所です。
被葬者がわかっているのは新羅第13代味鄒王陵(在位262年~284年)の古墳だけとか。
どの古墳も大きくて、新羅時代の王様か王族の古墳と見られているそうです。
夫婦で合葬された双子山型の古墳もあり多くの遺物が発掘されています。


大陵苑
大陵苑の名前の由来は新羅第13代味鄒王が亡くなった時の記録の中に「大陵に葬式を執り行った」と
あった事からだと云われています
c0124055_1130266.jpg

皇南大塚
珍しい双子山型の古墳で夫婦で合葬されたと見られていて1975年に発掘調査された時に
女性の陵からは金冠や首飾りなど数千点、男性の陵からは武器類が主で二万五千点ほど
遺物として発掘されたとの事です。
c0124055_11305357.jpg

新羅第13代味鄒王陵(在位262年~284年)の古墳だと思います
c0124055_11345775.jpg

苑内で見かけた校外学習らしき小学生のグループ

c0124055_11312678.jpg

天馬塚
5世紀末から6世紀の初頃に作られた新羅時代の代表的な積石木槨墳で
1973年の発掘調査の時には二万五千点ほどの遺物の中に天を飛ぶ馬の図が書かれた
乗馬用の泥よけがあったことから天馬塚と名付けられたと言われています。
c0124055_1131690.jpg

大陵苑まえのバス停も当時を偲ばせて・
c0124055_11314115.jpg

Nikon D300 AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)

苑内は綺麗に整備されていましたが1970年代浄化作業前までは民家があり住んでいたそうです。
by guranma2 | 2011-10-20 22:00 | 旅行 | Comments(2)
オウゴンチョウ(黄金鳥)・
コスノビ?それとも旅行記の続き?どっちにしようか・・
いやいや、今日は今だにアップしていない初見の鳥があるじゃないの
と云う事でオウゴンチョウと云う鳥さんです

10月2日、彼岸花に留るノビタキを求めて古都にプチ遠征した時に
今までに見たこともない鳥に出会う事が出来ました。
前日は多くのカメラマンさんが見えていたそうですがこの日は地元の方2人と私だけ。
お二人は」前回行った時にお会いしている方で「何やろ、変わった鳥がいてんのや」・・
「えっどんな鳥ですか?」・・・おじさまはカメラのプレビュー画面で
「この鳥やで~見たことないわ、なんやろな~」 「綺麗な鳥ですね~もういませんか?」
「今はいてへんけどまた見たら教えてあげるわ」 「お願いしますね~」
そんな言葉を交わしながら彼岸花に留るノビタキを待ちますが目はキョロキョロ・・

「いたで~今あそこの下に降りたわ」その言葉の方へ行き上がってくるのをじっと待ちます
「あ、上がってきた、あがってきた」「あっ、いるいる、綺麗やね~」・ 
この時の興奮、解るかな~解んないでしょうね~」
で、これが初見となったオウゴンチョウです
c0124055_21452486.jpg

後姿も綺麗だね・
c0124055_21454288.jpg

その後スズメの集団と飛びまわり遠いお屋根の上で一休み中?・
どこにいるか解りますか~?・・
c0124055_21463472.jpg

証拠写真は撮れたし本命のノビタキさんを撮らなくっちゃ・・
彼岸花に留ってくれないかな~なんて思いながらふっと横を向くと
ななんといつの間に来たのかオウゴンチョウが絶好の場所に留っているじゃないの
*横画像を立て画像にトリミングしています*
c0124055_21461196.jpg

Nikon D300 AF-S Nikkor ED 600mm F4D II(IF)

家に帰りあれこれと検索して名前を探しましたが見つからずK氏にSOSをして教えていただきました・・・ありがとうございます。

スズメ目ハタオリドリ科、全長10-12cmでアフリカ中南部に生息している鳥で
日本ではペット用に輸入されたものが篭脱けの鳥として存在しているようです


by guranma2 | 2011-10-17 22:34 | 野鳥 | Comments(14)
白蕎麦とノビタキ・
赤蕎麦があるなら白蕎麦もあるわよ・
と云う訳で昨年偶然見つけた蕎麦畑にプチ遠征を。
蕎麦畑は毎年さ作付け場所が変わるらしい・・
今年の作付け場所をぐるぐる回ってみてもノビタキはいない。
で、昨年の場所へ行ってみると場所は違っていましたが「あっ、飛んでる~」
昨年と同様に撮っている間は誰もいない、今年も独り占めだ~~。
近くに留ってはくれませんでしたが撮る事が出来ました。
ノビタキ♀・・
c0124055_2015163.jpg

ノビタキ♂・・
c0124055_20151779.jpg

ノビタキ♂・・
c0124055_20153186.jpg

ノビタキ♂・・
c0124055_2015433.jpg

Nikon D300 AF-S Nikkor ED 600mm F4D II(IF)

ノビタキは色々な花などに留ってくれます。
鳥見の時にあった方に春の菜の花から始まってレンゲツツジ、ニッコウキスゲ
ヤナギラン、ヒマワリ、彼岸花、蕎麦の花、コスモス、セイタカアワダチソウそして
ススキでノビタキの1年が終わると聞いた事があります。
by guranma2 | 2011-10-16 20:41 | 野鳥 | Comments(14)
赤蕎麦とノビタキ・
高嶺ルピーという赤蕎麦に留るノビタキに会いに信州へ・・
花は見ごろを向かえていましたが中々蕎麦の花には留ってくれません。
近くに留るのは雑草の上、留っても遠くて遠くて・・・


ノビタキ♂・・・見返り美人ならぬ美男子といったところでしょうか・
c0124055_2029755.jpg

ノビタキ♂・・・遠くて枯れかけているけれどやっと留ってくれました。
c0124055_20291987.jpg

ノビタキ♀・・・枯れた花の垂れ下がりがちょっとね・
c0124055_20293937.jpg

ノビタキ♀・・・この手の雑草にはよく留ったのよね・
c0124055_203097.jpg

蕎麦の花も撮ってみました~・・
c0124055_20302391.jpg

c0124055_20332772.jpg

Nikon D300 AF-S Nikkor ED 600mm F4D II(IF)


蕎麦祭り開催中でテントの下では取れたての野菜や果物が売っていました。
キュウリにトマトそしてリンゴを買ってきましたが
どれも吃驚するほどの安さと新鮮さでした。
ちなみに前日にキュウリ1本を78円で買ったのですが
ここでは何と4本入って100円で2袋買っちゃいました~・
お味の方は?・・・もちろん美味しかったわよ~~!。
by guranma2 | 2011-10-15 20:48 | 野鳥 | Comments(6)
仏国寺・・・慶州 <2>
2つの門をくぐり抜けて本堂へと足を進めます。

吐含(トハム)山の中腹に建つ仏国寺は統一新羅時代に作られた
貴重な文化財を見る事が出来る韓国を代表する寺院で
現在の仏国寺の姿は朝鮮時代後期、また1968年の発掘調査を踏まえて
1973年に復元されたものという事です。


仏国寺の紹介で目にするのが紫霞門に上る階段で国宝第23号に指定されている青雲橋・白雲橋(中央の石段)です。
2段に別れた上の16段が白雲橋、下の18段が青雲橋と呼ばれています。
そして紫霞門の奥では美しい回廊を見る事が出来ます。
小さくて解りづらいですが左手奥には安養門に上る石段の蓮華橋・七宝橋があります。
FinePix F550EXRの180度パノラマ機能を使用
c0124055_13255631.jpg

青雲橋・白雲橋から見た安養門に上がる蓮華橋・七宝橋で国宝第22号に指定されていて
上の8段が七宝橋、下の10段は蓮華橋と呼ばれてます
石段を登り安養門をくぐると、阿彌陀仏の極楽世界を表現する極楽殿の区域へ・
c0124055_13261264.jpg

蓮華橋・七宝橋から青雲橋・白雲橋を見て。
c0124055_17483229.jpg

回廊内をFinePix F550EXRパノラマ機能で
正面の建物が大雄殿(デウンジョンで釈迦如来の彼岸世界・・
仏国寺の本殿になり1695年に再建されたもので
内部の中央全面に釈迦三尊仏が安置されています。
大雄殿に向かって左にある塔が釈迦塔(ソッカタプ)、右側が多宝塔(ダボタプ)す
c0124055_1327319.jpg

極楽殿(クッラッジョン)阿弥陀仏の極楽世界・・
壬辰倭乱の際に焼失し1750年(朝鮮、英祖26年)に再建され、1925年に再び建て直されたものです
中には金銅阿弥陀如来坐像が安置されています。
c0124055_13282628.jpg

境内にある金色のイノシシ
最近になって発見された極楽殿の木彫りの金のイノシシの代用らしいとか?・
撫でるとお金持ちになると言われていて皆撫でていましたよ・・
もちろん私もね~・・・・お金持ちになりたいな~!。
c0124055_16591545.jpg

丹青(タンチョン)・(韓国独特の彩色)が綺麗な回廊の一部・
c0124055_1328545.jpg

これは極楽寺か大雄殿のどっちの壁に描かれていたかしら?・・・忘れちゃった~、ごめんなさ~い
c0124055_1812423.jpg

これも素晴らしかったわよ!・
c0124055_17135187.jpg

お土産物屋さん・・・でもね誰も立ち寄らないのよね。
c0124055_17141180.jpg

バスへと向かう時カメラを持っているのを見ると何故かポーズをとってくれたけれど
この人いったい何者だったのかしら?・・
c0124055_17142223.jpg

2回に渡っての仏国寺を見ていただきありがとうございます。
説明などに間違いがあったらごめんなさい。
パノラマ写真以外はNikon D300 AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)で

次は旅行記を一回お休みして「秋色ノビタキ」の予定です。
by guranma2 | 2011-10-14 18:31 | 旅行 | Comments(8)
仏国寺・・・慶州 <1>
慶州市の郊外にある仏国寺(ブルグクサ)は石窟庵から4キロほど離れた所にあり
1995年に「石窟庵と仏国寺」としてユネスコの世界遺産に登録されています。


石窟庵と同じ世界遺産碑が・・
c0124055_12383522.jpg

一柱門(イルチュムン)・・
この門を通り抜けると、世俗の煩悩を振り払ってから伽藍へと導いてくれるとか・
c0124055_12384994.jpg

そして2つ目の門は天王門・・
c0124055_1239676.jpg

天王門をくぐるとすぐに仏法を守護する大きな四天王像が・
c0124055_12392295.jpg
c0124055_1239391.jpg

読めるのは四天王だけ、あとは何て書いてあるのかしら?・
c0124055_12395373.jpg

Nikon D300 AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)

次回へ続きます・
by guranma2 | 2011-10-14 12:37 | 旅行 | Comments(2)