アオバズク
今日はアオバヅクの雛ちゃんの紹介です。
某動物園のK舎の前で誕生した雛ちゃんたち・・・
c0124055_21312638.jpg
c0124055_21315471.jpg

20日の日曜日に巣からでてきた最後の雛だそうです・・
c0124055_21323237.jpg

可愛さの中にも鋭い目つきに時々なります・・
c0124055_21334473.jpg

雛たちの近くで見守る親鳥・・・♀だそうです
c0124055_213454.jpg

6月末、巣の方を向いて見守っていた親鳥・・・
c0124055_21344857.jpg

今頃はこの場所から移動しているかもしれません。
話によりますと東南アジア方面から毎年やってくるそうな。
来年も会えるといいな・・・・・

次回は珍しい鳥が登場する予定です。
by guranma2 | 2008-07-22 21:44 | 野鳥 | Comments(12)
Commented by Mパパ at 2008-07-22 23:10 x
ハハ・・
アオバズクまで撮られたのですね・・
この目が何とも怖いよね・・

珍しい鳥・・八色鳥ですか?
Commented by さらん at 2008-07-23 00:43 x
本当に雛も可愛いかと思ったのも一瞬、やっぱり怖いと思いました。
でも、その後の親鳥を見たら、さらに上を行っている・・・・
羽根の模様が水玉みたいで、可愛いんだけどね・・・
Commented by orange at 2008-07-23 22:38 x
あらま、可愛いですね!!
orangeのほうではおそらく見られないでしょう。貴重な写真です☆
パッと見は大人のように見える雛ですが、
やっぱり羽の至る所に幼さが残っている感じです。
来年も会えるといいですね☆

この次の珍しい鳥、これも期待しています!!
Commented by グランマ at 2008-07-24 22:16 x
<Mパパ様>
いや~、
ついに鳥撮り人間になってしまいそうで怖い!!です。
アオバズクの親子が狙いだったんですが無理でした・・

八色鳥・・・・これって先日言って見えた四国の方の鳥ですか?
私の珍しい鳥とは「篭脱け」の鳥だそうですのでMパパさんは
すでにご存じかもしれませんね。
Commented by グランマ at 2008-07-24 22:21 x
<さらん様>
こんばんは・・

目を閉じてじっとしている所は可愛いのですが鋭い目つきは
可愛さを吹き飛ばしてしまいますよね・・
可愛い雛ちゃんは少し前にUPした”コチドリ”の雛を見てくださいな。
こちらは本当に可愛いですよ・・・
Commented by グランマ at 2008-07-24 22:26 x
<orange様>
こんばんは・・

金網越しなどでしたら動物園で見れますが自然にの中では
誰かに教えてもらわないと中々見ることはできないと思いますね。

そうそう、羽の方がまだ生えそろっていませんからちょっとアンバランスなのと実際に見ているとしぐさに幼さを感じますよ。
Commented by imno1 at 2008-07-25 20:09 x
昨日(7/25)の中日朝刊の市民版に偶然記事が載りました。
ヒナは三羽いるそうですネ。
ヒナたちが巣立つ10月頃までは日本にいるそうですヨ。
って事は秋までずっと東山に居てくれるって事かなァ??
是非とも見てみたいものです☆☆
Commented by imno1 at 2008-07-25 20:11 x
あ、昨日は7月24日でした^^;;
 失敬m(_ _)m
Commented by M at 2008-07-25 21:23 x
ひな鳥の可愛いこと!羽のふさふさ具合やくりっとした目がたまりませんね。
それに比べて親鳥の威厳のあること!
目つきが怖いです。^^;
すごい形相ですね・・・
Commented by グランマ at 2008-07-28 18:01 x
<imno1様>
こんにちは・・

N市内でしたら新聞に載ってからでもいけますね・・
ヒナは3羽・・・そうです、三羽とも確認してきましたよ。
話によりますとだんだん奥の方に行くらしくそうなると写真を撮ったり
見るのが難しくなるそうです。
毎年来るそうですから来年は是非どうぞ・・・
Commented by グランマ at 2008-07-28 18:03 x
<imno1様>
一日得しちゃいましたね~
日にちの勘違いは私もよくしますよ・・・
Commented by グランマ at 2008-07-28 18:07 x
<M様>
こんにちは・・

ヒナ鳥は本当に可愛いですよ。
でもね時折見せる鋭い目つきはちょっぴり怖いです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ルリガシラセイキチョウ 雛カワセミ・・ >>